ちょっと変わった読み方をする茶道用語その11【正座をしない茶道茶の実】

query_builder 2024/06/12
ブログ
闘茶

お茶の歴史の中で出てくる言葉の中に

鎌倉時代末期から室町時代の設定になっている時代劇で、たまに

お茶に関連する言葉が出てくることがあります


上流階級の遊びのひとつで 闘茶(とうちゃ) というのですが、

お茶の産地を当てて勝敗を競う遊びです


どのように競うかというと

茶祖:栄西から禅の教えをうけた明恵上人が、茶種も一緒に譲り受け京都の栂尾(とがのお)

茶種を播いて栽培を始めました

栂尾は、川霧が深くお茶の栽培に適していて良質な茶が生産されたため、

栂尾で栽培されたお茶を「本茶(ほんちゃ)それ以外を「非茶(ひちゃ)としました


ようは栂尾産か?それ以外か?

ということですね

闘茶1

闘茶は、室町幕府の南北朝の動乱期に隆盛となり

より華美で贅沢なものとなっていき

親しい仲間を集めて茶寄合を開いて、贅をつくした宴会がひらかれました


要は、宴会の余興のような感じ


そこで本茶・非茶をいい当てることに金品を賭ける遊びとして流行、あまりに流行し続けたことにより、幕府が茶寄合を禁止する法律を出し取り締まったほど


今風に言えば、ワインをひと口飲んで、産地やブドウの品種・作られた年代を論じるような感じでしょうか?


いつの時代でも「違いの分かる者」的な遊びは、あるのですね~

記事検索

NEW

  • 蝉の抜け殻=空蝉【正座をしない茶道茶の実】

    query_builder 2024/07/20
  • 高齢者学級で茶道体験会【正座をしない茶道茶の実】

    query_builder 2024/07/13
  • 禅語と漢詩【正座をしない茶道茶の実】

    query_builder 2024/06/27
  • ちょっと変わった読み方をする茶道用語その11【正座をしない茶道茶の実】

    query_builder 2024/06/12
  • 青年部主催の小寄席茶会に参加して

    query_builder 2024/06/01

CATEGORY

ARCHIVE