季節に合わせた銘のアレコレその1【正座をしない茶道茶の実】

query_builder 2024/03/26
ブログ
山笑う

3月の銘

季節的に寒さが緩んで暖かくなってくる時期でもあるので

何となくぬくもりのある柔らかな感じの銘が多いですね


「山笑う」

春の季語でもあります

厳しい冬を経て、草木が芽吹き咲き誇る山の生き生きとした様子を表しています


その他の意味合いとして

・生命の躍動

 春の訪れを祝い、命の力強さを感じられることから

・自然の美しさ

 緑あふれる山々の風景は、見る人たちに喜びと安らぎを与える

・希望

 冬が終わって春が来るように、どんな困難も乗り越えて

 明るい未来が待っている



ぼたん

「佐保姫」

奈良県にある佐保山を神格化した佐保姫命(さほひめのみこと)に由来し

春の女神として信仰され、美しい容姿と優しい心をもつ女性として伝承されています


銘として使われる具体的な意味合いとしては

・春の訪れ

 春の女神の名前から、春の訪れを喜び祝う意味合いを持つ

・生命力

 春の生命力の象徴

・美しさ

 茶道具の美しさ、茶会に集まる人々の心を美しく清らかにしてくれる

・縁結び

 佐保姫は、縁結びの神様でもあるため

 茶会が縁結びの会場となるようにとの願いを込めることもある

 



記事検索

NEW

  • 季節に合わせた銘のアレコレその3【正座をしない茶道茶の実】

    query_builder 2024/05/07
  • 出張茶道体験パート1【正座をしない茶道茶の実】

    query_builder 2024/04/15
  • ちょっと変わった読み方をする茶道用語その10【正座をしない茶道茶の実】

    query_builder 2024/04/09
  • 季節に合わせた銘のアレコレその2【正座をしない茶道茶の実】

    query_builder 2024/04/06
  • 季節に合わせた銘のアレコレその1【正座をしない茶道茶の実】

    query_builder 2024/03/26

CATEGORY

ARCHIVE